SLC-lite

ApacerのSLC-lite技術は独自テクノロジーで、MLCフラッシュとSLCフラッシュタイプの間のコストパフォーマンスバランスを打破する、ミッションクリティカルな組込またはインダストリアルアプリケーションに理想的な代替ソリューションです

産業オートメーションシステムのNANDフラッシュを選択する時にあなたは何を優先しますか:パフォーマンス、信頼性またはコスト?どちらのフラッシュメモリのタイプがあなたのアプリケーションにより適切でしょう:MLC、SLCまたはSLC-lite?
組込向けのSSDを選択する時に多くの場合考慮されている全ての要因の中で、信頼性が最も重要で妥協できない条件でもあります。信頼性の面では、SLCが書込み回数制限の点だけでなくセルの耐久性の点からも最も好ましいフラッシュと考えられています。 SLCフラッシュは1セルに1ビットのデータを格納するために高速転送、消費電力が少なく耐久性も高いことを実現させ、 組込システムに適合するといえますが、SLCの決定的な欠点はMLCに比べてコストが高いことです。コンシューマグレードの製品で広く使われているMLCフラッシュは低コストで大容量を提供していますが、高い消去率と遅い書き込み性能に苦しんでいます。どちらのソリューションを選択したとしても全てを満足することは出来ません。 Apacerはその中間を取ってSLC-liteという技術を生み出した。

NANDフラッシュタイプ シーケンシャルライト P/Eサイクル 耐久性 消費電力 コスト
MLC 低速 3K
SLC-lite 中速 20K
SLC 高速 60K

SLC, MLC搭載する両タイプのSSDの利点を組み合わせたワンストップソリューションを提供するため、ApacerはMLCフラッシュの構造を用いて産業用のSLCフラッシュのパフォーマンスと耐久性をシミュレートする独自のSLC-lite技術を開発しました。この技術がMLCとSLCフラッシュタイプのコストパフォーマンスバランスを打破し、価格と信頼性を重視するお客様に対してSLC-lite SSDは組込またはインダストリアルアプリケーションの理想的なソリューションだと言えるのでしょう。

 

 

関連製品