NVMe Secure Erase

このコマンドを実行すると、NVMeセキュア消去 (NVMe Secure Erase)はドライブ内のユーザーデータを全て削除し、悪意のある攻撃から保護できます。

NVMeセキュア消去は、現在多くのストレージドライブに組み込まれているNVMeドライブサニタイズコマンドです。 NVMe仕様で定義されているNVMeセキュア消去は、ストレージドライブがすべてのユーザーデータ領域を消去できるようにするFormat NVMコマンドの一部です。現在市場に出回るほとんどのNVMeベースのストレージメディアはこのコマンドに組み込まれているため、消去プロセスは通常ファームウェアレベルで実行されます。 NVMe Secure Eraseは、ドライブ内のユーザーデータを全て削除し、悪意のある攻撃から保護します。

技術の取り入れ
関連製品
ATAセキュア消去 (ATA Secure Erase)

このコマンドを実行すると、SSDはすべてのストレージセルをリセットして空にしてトラップされた電子を解放し、ドライブを元の状態に戻します。この操作により、ドライブからデータが完全に消去されます。

CoreSecurity2

ApacerのCoreSecurity2は、カスタマイズされたファームウェアを用い、データセキュリティを強化してデータ流出を防ぐことでストレージデバイスの信頼性を引き上げるために開発された、独自のデータ保護技術です。

CoreEraser

CoreEraserの機能は、クイック消去、完全消去、MIL消去に分けられています。クイック消去は、急いで消去したい場合に最適です。完全消去はより徹底的であり、MIL消去にはデータがドライブから確実に消去される上書き機能...

CoreDestroyer

CoreDestroyerは、SSDが権限のないユーザーの手に渡ろうとしている場合に、SSD全体を使用不能にさせるソフトウェア機能です。

インスタントキーチェインジ (Instant Keychange™)

Apacerは、AES暗号化としてInstant Keychange™機能を標準使用しており、ハードウェアまたはソフトウェアを通じて実行されます。元のキーを破棄して新しいキーを作成するのに1秒もかかりませんので、従来のド...

Opaque

Apacerは、TCG Opal 2.0基準のカスタム実装としてOpaqueソフトウェアを開発しました。アクセス可能なインターフェイスにより、ユーザーは、起動前の認証やドライブの復元などの便利なセキュリティ機能を利用でき...

署名付きファームウェア (Signed Firmware)

Apacerの署名付きファームウェア技術は、安全にファームウェアを更新する方法です。デジタル署名を含めることにより、ファームウェアの更新が、更新実行前にApacerのSSDによって認証されます。この追加の保護層により、ド...

TCG Opal 2.0

TCG OPALはホストを必要とせずにデバイス内の情報の暗号化/複合化を処理、システム性能を損なうことなく高速な暗号化/複合化を可能としデータ漏洩のリスクを最小限に抑えます。

ライトプロテクト (Write Protect)

書き込み保護を使用すれば、ハードウェアのスイッチ/ピンやベンダーのソフトウェアコマンドを使用して、ドライブへの未許可なデータ書き込みを防止できます。