DataDefender™

ApacerのDataDefender™は、ファームウェアとハードウェア両方のメカニズムを組み合わせてデータの完全性を確保します。これにより、停電時に揮発性データを保存するための時間を稼ぐことができます。

DataDefender™ - 停電時のデータ保護

SSDが厳しい環境に配置されている場合、予期せずに電力の中断が発生した時に、ドライブ内のデータが破損する可能性があります。

停電時にデータの完全性と転送時の安定性を確保するために、ApacerはDataDefender™技術を開発し、多重保護機能への取り組みを進めています。

ファームウェアとハードウェア両方のメカニズムを組み合わせてデータの完全性を確保

予期しない電源障害が発生する場合、DataDefender™技術のファームウェア保護メカニズムが起動し、ホストからのデータ送信を遮断します。電源が再開されると、保護メカニズムはマッピングテーブルを再構築して、ファームウェアとNANDフラッシュメディアに書き込まれていたデータの完全性を確保します。

ファームウェア保護メカニズムに加えて、処理中のデータへの保護をより一層強化するため、ApacerのCorePower回路とタンタルコンデンサはバックアップ電源を提供します。停電が起きた場合、ハードウェアベースの仕組みでRAMキャッシュからフラッシュストレージ機器へのデータ転送が中断されないようにします。

技術の取り入れ
関連製品