ATAセキュア消去 (ATA Secure Erase)

このコマンドを実行すると、SSDはすべてのストレージセルをリセットして空にしてトラップされた電子を解放し、ドライブを元の状態に戻します。この操作により、ドライブからデータが完全に消去されます。

ATA Secure Eraseは扱いやすいデータ破棄コマンドであり、電子データの断片化に相当します。このコマンドを実行すると、ドライブはすべてのユーザーデータを内部で完全に消去します。この機能を実行すると、すべてのユーザーデータと管理テーブルが破壊され、永久に取得できなくなります。本機能の実行に必要な時間は、ドライブの容量によって変わります。例えば、512GBドライブで本機能を実行させるには、約20秒かかります。

一方、このコマンドはディスクドライブ内で実行されるため、追加のソフトウェアは必要ありません。電源障害が発生する場合、電源回復後にこのコマンドは再開されます。

技術の取り入れ
関連製品