ライトプロテクト (Write Protect)

書き込み保護を使用すれば、ハードウェアのスイッチ/ピンやベンダーのソフトウェアコマンドを使用して、ドライブへの未許可なデータ書き込みを防止できます。

ApacerのVirtual Write機能は、OS互換性を高めるため、各種の状況で理想的なソリューションを提供できます。データはフラッシュメモリーではなく、コントローラーの揮発性RAMへ書き込まれて保存されます。コントローラーは書き込みコマンドを受け取るとホストへ書き込みコマンドの実行が完了したと伝え、書き込みプロセスが終了したことを示唆します。後にシステムがリセットされたり電源がオフになると揮発性メモリーは消去されるため、書き込まれたデータの形跡は残りません。

書き込み保護機能はデバイスレベルで実行されるため、ソフトウェアやドライバーのインストールは必要なく、ホストOSからは完全に独立しています。書き込み保護を使用すればNANDフラッシュへのデータ書き込みを防げるため、機密情報は絶対に上書きされたり消去されることはありません。

関連製品