ページマッピング

ページマッピングはランダムアクセス速度の向上および、ブロック消去回数の低減によりSSD寿命の改善/最適化可能になる4Kベースのファームウェアテクノロジーです。

IoTのアーキテクチャフレームワークが徐々に成熟してきており、ポータルウェブサイト、コンパクトPC、メディカルケアそれから車載デバイスについても産業オートメーションマーケットにおいて将来開発すべきものとなってきています。オートメーションマーケットにおけるSSDの大量採用と多様なアプリケーションは、システムアプリケーションの問題を解決するためにクリティカルなSSDテクノロジーも継続して進化し続ければならないということを意味します。具体的には、SSDのパフォーマンスと寿命を決定するSSDファームウェアのFTL(Flash Transfer Layer)マッピングが最も重要です。初期のブロックマッピングからハイブリッドマッピングへと、マッピングのテクノロジーは継続的にパフォーマンスと寿命を改善していますが、インダストリアルアプリケーションでのいくつかの厳しい使用方法に関しては克服することが出来ていません。完全なオーバーホールを達成し、インダストリアルアプリケーションに適合するため、新しい革新的なページマッピングが徐々にSSDアプリケーションで重要になってきています。
ページマッピングは4Kベースのファームウェアテクノロジーで、データを収集して自動的に4KBのブロックにデータを分配し、データが均等に書き込まれるようにスケジュールする機能です。この実装は、4KBがリード/ライトアクセスで最も頻繁に使用されるサイズで、サーバーのワークロードの67%を構成するものであるとJEDECによっても立証されています。したがって、4Kページマッピングはランダムアクセススピードを増加させ、SSDの寿命を改善し、ブロック消去回数を低減させ、最適なパフォーマンスと寿命を達成するために採用されています。

データリード/ライトで最も頻繁に使用されるブロックサイズがサーバーのワークロードの67%を構成しています。インダストリアルアプリケーションによりフラッシュメモリに書き込まれるデータが多くの場合、小さくランダムであると、ページマッピングはマッピングテーブルを維持するために大きなマッピングメモリを必要とするにも関わらず、全体的なパフォーマンスと耐久性を向上させる理想的なソリューションであるように見えます。進化した4Kページマッピングファームウェアテクノロジーを搭載し、Apacer SATAIII SSD製品は、主にPOSシステム、コンパクトPC、コミュニティウェブサイト、ポータルウェブサイトおよび医療診断機器を含めた小さなデータを書き込むエンドアプリケーションのためにデザインされています。

 

FTL構造 必要メモリ

ランダムライト
パフォーマンス

シーケンシャルライト
パフォーマンス

ページマッピング
ブロックマッピング
ハイブリッドマッピング

 

                    

関連製品