AIが情報経済を牽引 Apacerが産業用製品の識別を実現 産業用PC向けソフトウェア研究開発を強化 スマートストレージ市場に新たな局面を開く

12月 28, 2018

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、および5Gテクノロジーの漸進的統合により、情報経済産業のエコロジカルチェーンが形成されると予想されます。インダストリアルメモリのリーディングブランドのApacerは、2019年から産業用製品の識別システム「Apacer for Industrial」を導入しました。高信頼性と高耐久性を誇る産業用グレードのストレージソリューションを提供することで、スマートアプリケーションにおいてデータの最大限価値を引き出し、顧客が産業用コンピュータ市場へ進出することをサポートします。

消費者向け製品とは異なり、産業用製品はコストパフォーマンスだけではなく、原料の選択、製造、検査から品質管理まで、産業用クラスの品質、信頼性、安定性に求められています。。産業用コンピュータやインダストリアルメモリの領域における過去20年間の実績で、Apacerは国内外の多くの一線で活躍する顧客から評価されてきました。製造工程の厳格な管理と最高品質を要求することで、Apacerは2019年1月1日に「Apacer for Industrial」をリリースし、高品質、高信頼性、高耐久性の産業用製品を明確な識別が可能となりました。一方、デジタルトランスフォーメーションのトレンドに対応するために、新バージョンの識別はQRコードとバーコード情報のいずれにも対応し、生産情報も記録されています。また、独自の製品シリアル番号で、生産から出荷、アフターサービスまで、迅速で確実な追跡管理システムを構築しています。

Apacerエンベデッドビジネス事業部の黄美恵部長は、「Apacerは産業用ソフトウェアおよびハードウェアハードウェア技術の長期的な投資を行ってきており、2017年の同期と比較して、防衛、交通運輸、サーバーおよびネットワーク、工業オートメーション、モノのインターネット(IoT)、医療と娯楽産業など産業用コンピューター分野における7つのターゲットで売上高は1.8倍増加しました。豊富な業界での実績に基づいて、Apacerは産業向けに専門の技術チームとカスタマイズしたソリューションを開発し、グローバルな産業用スマートストレージ市場における競争力を向上、産業用コンピューター市場への影響力を高めようとします。」と述べています。

IDCは、2022年に世界の端末機器の25%がAIエッジコンピューティング機能を持つと予測しています。近年の産業用コンピュータ向けアプリケーションの増加傾向に伴い、スマートアプリケーションの多様化とデジタルストレージ産業への影響は容量と機能など製品の仕様だけにとどまりません。 産業用コンピュータ市場も量的から質的に変化し、参入障壁が一層高くなっています。Apacerは、市場のニーズを真っ先に理解し、将来におけるキーポイントとなる新世代のスマートアプリケーションのニーズを満たすストレージおよびメモリソリューションを開発し続けています。