CANBus

mPCIe CAN+GPS Module

EFC-G / EFC-R Series

  • 全ての機能に対応したシングル mini PCI Express ソケット
  • 2チャンネル 独立CAN および 1チャンネル J1708 インターフェース搭載
  • 車両通信プロトコル:OBD-II、J1939、J1708
  • u-blox NEO-M8 GPS モジュール内蔵 (オプションでアンテザード推測航法対応)
  • GPS、GLONASS、BeiDou システム対応
  • 内蔵センサー:3D ジャイロスコープ & 3D 加速度計

ハイパフォーマンスコミュニケーション

Apacer CANモジュールは、高速CANインタフェースとリアルタイム制御を必要とする車載アプリケーション用に設計されており、非常に高度なセキュリティを備えています。 また、メッセージ優先順位アービトレーションおよびエラー処理メカニズムも提供します。 この基板は、フリート管理やテレマティクスなどの組み込みデータ収集システムに最適です。

さらに改善されたGPS高精度測位システム

Apacerの内蔵型小型車載モジュールEFC-G / EFC-Rシリーズは、トップレイヤーにu-blox Neo-M8 GPSを内蔵しており、米国のGPS、ロシアのGLONASS、中国のBeidouなど、さまざまな地域の衛星システムをサポートしています。 高速に応答する3Dジャイロスコープを搭載しており、3軸の角度移動および360度の速度検出を実現し、精密に位置を測位することができます。内蔵された3D加速度計は、事故時の衝突の方向と速度を判断するための直線加速度を測定し、改良された盗難防止機能は車両盗難を防ぎます。

Apacer CANモジュールは、OBDII、J1939、J1708をサポートしています。これらはCANバスをベースとした上位レイヤプロトコルであり、あらゆる種類の大型車両のECU(エンジンコントロールユニット)間でのデータ通信を可能とします。

スペック

OPEN
  • フォームファクター フル mini PCIe ミニカード(拡張ボード付き)
  • ホストインターフェース USB 2.0(mini PCIe カードソケット経由)
  • CAN インターフェース数 CAN ISO 11898 x 独立 2 チャンネル
    J1708 x 1 チャンネル(オプション)
  • CAN プロトコル CAN 2.0 A/B、OBD-II (ISO 15765-4)、J1939、J1708
    マスクおよび識別子リストモード対応
  • モーションセンサー 3D ジャイロスコープ
    3D 加速度計
  • GPS モジュール u-blox NEO-M8N または M8U
    最大3つのGNSSシステム(GPS、GLONASS、BeiDou) を受信
    推測航法サポート(オプション)
    外部アンテナサポート(オプション)
    ホットスタート測位サポート(オプション)
     
  • 識別子フィルタリング マスクおよび識別子リストモード
  • ドライバーおよびSDK対応 Microsoft Windows 7/10
    Linux Kernel 2.6 and 3.13
  • 動作温度 -40°C ~ 85°C(ホットスタート測位機能なし)
    -20°C ~ 60°C(ホットスタート測位機能あり)
  • 耐振動 7.69G@ 20~2000Hz(MIL-STD-810G準拠)
  • ESD 保護 接触放電:8kV、空中放電:15kV
  • 外形寸法 (L x W x H) 50.9 x 30 x 13.2 mm

Downloads

OPEN
  • メールマガジン EFC-G / EFC-R Series 264.82 KB